顧客の心情を理解しつつ、専門知識を供与し、対処方針を示します。

解決事例:相続

 弁護士佐久間大輔が、相続(遺産分割、遺留分減殺)、遺言に関する事件を担当した一例を紹介します。


解決事例

  • 長兄が、亡父の生前に同人の預金を承諾なく引き出し、また亡父が財産管理能力を喪失した後に同人名義の土地の所有権移転登記手続をしたことから、遺産確認の訴えを提起した事案(東京地裁2006年判決)
  • 長兄が亡父の預金を引き出すなどしたことから、遺産確認の訴えを提起し、裁判上の和解にて遺産分割協議を成立させた事案(東京地裁2000年和解)
  • 義弟が養母の預金を承諾なく引き出したことが養母の死後に判明したことから、損害賠償請求をした事案(東京地裁2012年判決) >>依頼者の声
  • 亡父の内妻に対する遺贈の効力を争い、一審判決で遺言の効力が否定され、控訴審で和解をした事案(東京高裁2000年和解)
  • 母が再婚相手との間に生まれた子に不動産を遺贈したことから、遺留分減殺請求訴訟を提起し、不動産鑑定の額等をもとに和解が成立した事案(千葉地裁2011年和解) >>解決のポイント
  • 正式な遺留分減殺請求はなかったものの、相続財産の内容と評価額を正確に示した上で、遺留分相当額を提示し、早期に和解が成立した事案
  • 義父母との遺産分割協議を2年間粘り強く行い、協議を成立させた事案
  • 2年前の代襲相続につき、相続債務を知った日から3か月が経過する直前に相続放棄の申述をし、受理された事案(大阪家裁)
  • 多額の借金を負った息子が相続した農地について、農業委員会の許可を得た上で、現実に耕作していた母に対し、真正な登記名義の回復を原因として所有権移転登記手続をした事案

お問い合わせ、面談のご予約はお気軽にどうぞ。 TEL 03-6806-0265 受付時間 9:00 - 18:30 (土・日・祝日除く)
当日相談可能/夜20時まで相談可能/土曜日相談可能

企業の労働問題 専門サイト

メンタルヘルスケア、長時間労働、休職・復職等の労働問題労働問題でお悩みの事業者、人事担当者の方は、こちらの「企業のためのメンタルヘルス対策室」をご利用ください。
PAGETOP
Copyright © つまこい法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.